跡はどうしたら…

ニキビが治っても跡が残ってしまうという人も少なくはありません。
ニキビ跡には、大きく分けて二種類あります。それは、赤みのある跡とでこぼことした跡が残ってしまうことです。
赤みのある跡は、ニキビができてしまったところの毛細血管が敏感になってしまい、活発に働いていることから赤くなっています。
ですから、その働きを抑えることができれば赤みは無くなっていきます。ですが、まだ炎症は残っている証拠なので美容外科や美容皮膚科などへ行って炎症を抑えるクリームを処方してもらうといいでしょう。
そして、一番厄介なのはでこぼこした跡です。これは、月面みたいな感じになりますのでとても目立ってしまいます。
これは、肌のターンオーバーが乱れていることででこぼことした状態になっているので、肌のターンオーバーを整えるようにしましょう。
そうすることで、肌のサイクルが整ってくるので跡を改善して綺麗な肌を作り出すことができます。
しかし、酷い状態の人は肌のターンオーバーが整っても治らないことがあります。そういった状態は、レーザー治療を受けてみてはどうでしょうか。
レーザー治療は、ニキビによってできてしまった跡はメラニン色素が沈着してしまったことで起こっているのでレーザーによって除去できます。

レーザー治療に抵抗があるのなら、ケミカルピーリングを受けてみるといいでしょう。これは、古い角質を除去して新しい角質を作り出せるように肌のターンオーバーを促進できるようになります。
そうすることで、乱れていた肌のサイクルが整っていきます。肌のサイクルが整えば、新しい角質によってニキビ跡が改善されて綺麗な肌を取り戻せます。
しかし、ケミカルピーリングは始めた頃は薬剤の影響によって反応がでます。ですが、この反応は薬剤の効果が効いている証拠です。
ですから、暫くは反応して赤くなりますし、ピリピリとした痛みを感じることもありますが我慢しましょう。
暫く治療を続ければ、肌のサイクルが整って綺麗な肌になるのを実感できます。それに、古い角質を除去しているのでハリのある肌を保てるようになります。
ニキビは、肌のサイクルが整っていないとできやすいので、一度サイクルを整えるようにして下さい。