毛穴の炎症

ニキビの仕組みは、とても簡単で毛穴の中で炎症が起こっているだけになります。どうして炎症が起こってしまうのかといえば、皮脂の詰まりや汚れが毛穴にあることで菌を繁殖させてしまう環境が整ってしまいます。
この菌は、アクネ菌といって誰でも持っている菌になりますが、毛穴に繁殖してしまうとニキビとなって目立ってしまいます。
ニキビには、赤ニキビ、白ニキビ、黄色ニキビ、黒ニキビという種類に分かれます。それぞれ症状に特徴がありますし、軽度から重度のものがあります。
一番軽度のものは、赤と白になります。赤のものは、炎症を治したいという働きによって赤くなっています。ですから、この時に徹底的にケアを行なえば改善しやすいです。
白は、まだ炎症が悪化していない状態です。ですから、この場合は上手く潰してしまうと跡を残さずに改善できます。
ですが、無理に潰してしまうと跡が残ってしまいますし、症状が悪化してしまう可能性が高いので市販の塗り薬で様子を見たほうがいいでしょう。
白に関しては、見た目では分からないものもあります。その場合は、肌を触ってみるとざらざらしているのでピーリング効果のある洗顔などを使用してみると除去しやすくなります。

そして中度のものは、黒です。これは、毛穴の中で皮脂と汚れが酸化してしまっているので除去しないと毛穴が開いた状態になります。
この場合は、酸化したものを毛穴から出すようにケアを行なって、引き締められるようにしたほうがいいでしょう。
そうすれば、毛穴の開きを改善できるようになりますし、何度も繰り返しできてしまうことが防げます。ですが、放置するとでこぼことした肌になってしまう可能性が高いのですぐにケアして治すようにして下さい。
一番重度となるのは、黄色です。黄色は、炎症が酷い状態で膿が溜まっている証拠です。ですから、無理に潰そうとしてしまうと余計に悪化させてしまいます。
こうなった場合は、自分で何とか治すよりも病院へ行って治療を受けたほうが綺麗に治せるでしょう。
綺麗に治すことができれば、自分に自信を持てるようになりますので行ってみることをおすすめします。